最下位からのMBA挑戦レポート

18年4月からの筑波MBA-IBでの生活を適当に書きます

卒業確定しました

先週の金曜日に筑波大学院ビジネス科学研究科(私の通うMBAIB含む)の2020.3月修了生が発表され、無事自分の学籍番号を目視できました(笑)本来であれば卒業プレゼンテーションの当日(2/1)にはPass or Notが知らされると聞いていましたが、ちょっといろいろあったようで、2週間ほど待たされてようやくの通知。

 

というわけで、遂に卒業が確定しました。

 

あまり実感が湧かないのですが、2年間の終わりがようやく見えてきたということで、一安心。

 

この2年間はそれなりに禁欲生活を送っていたので、今年はいったい何をしてやろーかと色々と画策中です。

 

MBAを取ろうと思ったきっかけはいくつかありますが(+背中を押してくれた人がいた)、メインはやはりキャリア関連です。ビジネスというものを体系的に学んで現在の仕事・職種に活かしたい、Finance関連の知識を修得したい(これはちょっと憧れもある)、統計学に強くなりたい(今の職種には統計を活かす余地が山ほどある+興味がある)、英語力を伸ばしたい、自分に自信をつけたい(あまり自信無い)あたりでしょうか。

 

それぞれの達成度合いみたいなもんはバラつきがあると思いますが、少なくとも「今後どう進んでいくか?」というのはある程度見えたかなという感じです。

 

上記に加えて、入学前には想定していなかった収穫はやはりBusiness Project(≒修論)が大きいです。幸い自分の職種に大いに関係のある分野で実施をできたので、この領域でそれなりに専門性がついたかなと感じるのと、先行研究を大量に読み込むことの力と言うか、AcademicなものとPracticalものを融合するという「思想」自体がこれまでの自分にはまったく無かったもので、これを得られたということは物凄い学びでした。この自分の研究の成果・ここに来るまでに経た経験をどう活かすかは自分次第で、このあたり、「やりっぱなしの研究」にせず、真剣に考えてみようと思っています。

 

そして、入学前からとある知人のMBAの先輩からも言われていましたが、この年になって志を同じくする人たちと30人単位でいっぺんに知り合えた、ということは、「人脈」とかそういうことではなくて、もう本当に何ものにも代えがたい、代えられない、まさにPricelessな財産だと感じています。すべてのクラスメイトを尊敬します。いや、ホントにみんな、すごいよ。

 

というわけで、あとは卒業式を待つばかりですが、Coronavirusがシャレになっていないくらい拡大しているので、卒業式延期もあり得るなーと思いつつ、みなさまどうか睡眠・食事・運動で免疫力を保ちつつ、お体ご自愛くださいまし。

 

BP提出完了→いよいよ決戦は2/1(土)

昨日1/25(土)がBP(修論)レポートの提出期日でしたが、なんとか無事提出。

 

年末年始から提出まで、あーでもないこーでもないと考えを巡らし、既読・新規の文献を読み漁り、データの分析・解釈手法について調べまくり、そうやって調べ・考えれば考えるほど「もっとこーした方がいいかな?」、「この分析もやると面白いかな?」と新たなアイデアや視点が発生しちゃって、もうキリが無いというか、時間も無い。

 

というわけで、頭にあったものを全てレポートに反映できたかと言われると何とも言えませんが、Best effortで完成させ提出。

 

そしていよいよ5日後の土曜がFinal Presentation。聞いている限りでは、このプレゼンに対してFBをもらって、Revised reportを2/末までに提出してそこで卒業の判定、ただ毎年数名(1~2名?)、CriticalなFBをもらいその修正で2月は大忙しという話もあるみたいなので、、何とかそれは避けたい・・。

 

そーいえばすでに卒業式のガウン・帽子のレンタル案内や式後のレセプションの参加確認も来ているが、これは「卒業はできる」を思ってよい、ということか・・!?(笑)

 

発表パワポは概ねできたもののやや枚数多いので、そこを修正し、あとはシャベリの練習あるのみ。ここまで来たらもうレポートは出しているわけで、新しい視点とか分析はせず、固まった内容で準備をしよう。

 

さて、泣いても笑ってもあと5日。

2020あけましておめでとうございます。

年末年始、いろいろと書きたいことがあったのですが、バタバタしてました。

 

早いもので論文提出まであと2週間、その翌週が最終プレゼン、で、プレゼンのフィードバックを踏まえ修正レポートを1か月以内に出して⇒卒業の判定。いよいよ終わりが見えてきました。

 

レポートはいったんほぼ完成でプレゼン資料準備中ですが、ここへ来て「で、結局キミの研究の成果はどんな意味があるの?この社会にとってどんな貢献をするんだい?」と、どこからともなくCriticalな問いかけが聞こえてきています・・。

 

ここはものすごく重要なポイント。

 

自分の中に一生残りそうな気がするので、時間は限られていますが、最後まで考え抜きたいと思います。

合格発表から早2年・・・

おととい、11/29(金)が2020入学試験の合格発表だったみたいですね。合格されたみなさん、おめでとうございます!

 

つまりは自分の時の発表からもう2年経ったんだな~、と思うとだいぶ感慨深い・・・。2年前、2017/12/1(金)でしたが、その時来てた服装とか、夜何食べたか覚えているくらい自分にとってはmemorableな1日でした。

 

気が付けば卒業がかなり近いという・・・。

 

合格されたみなさんが全員筑波MBA-IBに入学されるというわけではないと思いますが、入学される方は、「入学までの準備はどうすればいいか?」という疑問があると思います。

 

それについては確か去年の今くらいに記事にした気がするのでとりあえずそれを見てもらうとして、まあ、でも、特に準備するということは無いと思います。入ってから嫌でも大変な毎日が待っていると思いますので、今のうちに家族や友人とたくさん飲んでおく・遊んでおくとかですかね~。

 

強いていうなら英語くらいですね。授業も資料もディスカッションもレポートも全部英語なので-とはいえまあついていけると判定された方々が合格されていると思うので基本問題ないと思いますが-、聞く・書く・読むもそうですが「話せた」方が色々と学びは多いと思いますので、その辺は、課題を感じている方はまだ4ヶ月ありますので、話す機会を作るのはいいかもしれません。

 

ちなみにここ何年もやってませんが、一時「Language exchange」というのを結構活用してました。要は日本語を教えるから英語を教えてくれ、というパートナーを見つけて定期的に会って会話してというやつです。

 

参考までに、以下、当時よく使っていたサイトです。

https://tokyo.craigslist.org/?lang=en&cc=us

 

「Language exchanegパートナー求む!」みたいな広告を自分で出すのですが、ものの数日で数人からapplyメールが来ます。で、メールで何回かやりとりして、条件決めて(コーヒー代はこっちが出します、とか、教材費とか、人によってマチマチ)、で会って見て、相性良さそうであれば定期的に会いましょう、みたいな感じです。仲良くなると飲みにいったり友達呼んだりしてました。

 

他にも類似のサイトはいくらでもあると思いますが、特に仕事・日常で英語を使う機会がまったく無い!という人は、(基本)無料で外国人の友達ができて英語を使えるのでかなりおすすめです。

 

ちなみに入学してまもなく2年なわけですが、英語力はどうなったかと言うと、クラスメイトのほとんどが結構レベルアップしていると思います、特にSpeaking。かくいう僕も、入学時に比べると「あれ、だいぶ発音いいぞ、オレ!」と自分で驚いたりすることもちょいちょいあります。まあ、毎日使うとこうなるわけですね、グループディスカッションも山ほどやったしね。

 

あと、先ほど来年から入学される方に「大変な毎日が待っています」と書きましたが、その辺は結構個人差があると思います。去年のブログでも「死ぬかと思いました」みたいな内容を何回か書いたと思います、そして事実その時僕はそう感じていたわけですが、みんながみんなそう感じているわけでは無いようです。

 

例えば今年のM2(=2年生)で、夏にスイスに1週間行く授業に参加し、つい本日まで1週間ドイツに行く授業に参加し、CFAリサーチチャレンジという毎年2年生が参加する企業価値分析のコンテストに参加し、そして修士論文に取り組んでいるというツワモノがいます。

 

ハッキリ言って修士論文だけで相当キツイんですね、時間も取られるし、もちろん頭も使うし、それに加えて上記記載した1つだけでも参加するとそれに伴う準備やら勉強は半端じゃないわけですが、、まさに「やれることは全部挑戦します!」的なメンバーもいたりするわけです。

 

いやー、僕は無理ですね。。。いったい全体どうやって時間のやりくりをしているのか、どうやって仕事の調整をしているのか、どうやってそこまでモチベーションを維持できるのか、もう謎すぎですね。そしてそんなクラスメイトを心から尊敬します。

 

何が言いたいかというと、このブログのタイトル通り僕は「最下位」から挑戦している自負(笑)があるわけですが、世の中には「スゴイ奴ら」がいるもんで、彼らからすると「死ぬほどキツイ」ということではなくて「ちょっと忙しいな~」くらいなのかな~とも思ったりします。

 

まあでも改めて、そんな環境に身を置けたことに感謝感激雨あられ、卒業も迫って来てますが全力投球であと数ヶ月頑張りたいと思います。

 

とりあえずBP(=修士論文)の進捗があまり芳しく無いので、年末年始はほぼBPに費やして終わりそうです。。。

 

推論のラダー

さて、2週間前の土曜に予定されていたinterim Presentationですが、最強台風が関東を直撃していたため、翌々日の月曜に延期になったわけですが、無事終了。

 

20分プレゼン、5分QA、観覧は指導教官、Second指導教官、オブザーブ的な先生1人+その他生徒。

 

いくつか質問は受けたものの、まあ大きな問題は特段無く。いよいよここからBP作成も後半戦、回収したサーベイ結果を元に分析を実施し、自分の仮説の検証を開始。

 

一応年内にドラフトレポートの完成を目指しているわけですが、どうなることやら。最終プレゼンは2月。BPの終わりが見え始めたら残りのタームで興味のある授業は取りたいなと考えています。

 

さてMBAには関係の無いトピックですが、「推論のラダー(はしご)」という概念をご存知でしょうか。簡単に言うと「ヒトは色々な物事に対し勝手に頭の中で推論をし、どんどんはしごを登っていく(=分かりやすく言うと、どんどん妄想し勝手に判断してしまう)というもの。

 

例えば友達に送ったライン。待てどくらせど返事がこない。「あれ、なんか変なこと言っちゃったかな?」、「どうせこう思われちゃったのかな?」と勝手に妄想し、追撃のラインを送り、人間関係にヒビが入る。

 

例えば会社で誰かと目が合ったが「何となく逸らされた気がした」。「あれ、オレ、嫌われているのかな・・・?」、「そーいえばこないだのアレが原因で怒らせちゃったかな?」、とか。

 

特にネガティブな場面で人の想像力は掻き立てられるようで、上記のようなことが起こったりする。

 

勝手に妄想するだけならまだしも、その「妄想」を元に行動を起こしてしまうと、その行動はたいていネガティブなので、厄介なことに。最悪本当に人間関係に傷がついたり、自分がひどく落ち込んだりする。

 

何年か前にこの「推論のラダー」という概念を知り合いの方から教わって以降、人とコミュニケーションを取る際には意識をするようになったが、それでもちょいちょい「ラダー」を登りそうになる、特に「やや落ち込み気味」、「疲れている」時は要注意。

 

実はつい最近もラダーを登りかけて途中で「いかんいかん!」とセーブをかけたら、案の定、妄想していたような事態ではなく、むしろ良い方向にコトが進んだということがあった。

 

筑波MBA-IBは「グローバルリーダーの輩出」を目的としているわけで、グローバルリーダーである以上は、「空想」「妄想」で物事の判断などせず、「事実をもって」、「ヒトとの直接のコミュニケーションを通して」判断をするはず。

 

と、むりやりMBAと繋げてみましたが、「そーいえば私も推論のラダーを登りそうになることがあるな~」という方は、まず一呼吸置いて、妄想を止め、あせらずじっくり物事に取り組むと、意外と良い方向に転んだりします。

 

ところで今日は2020入学の一次試験の結果発表日だったようですね。パスされた方、おめでとうございます!二次試験まで2週間ほどですかね。

 

みなさんご入学の時にはもう私はいませんが(たぶん・・・)、どうか二次試験もガンバってください!!

Interim Presentation まもなく・・・

激しく間が空いてしまいました。

 

卒業に必要な単位は取り切ったので授業はもう取っていないのですが、再来週に迫ったInterim presentaionの準備(レポートとプレゼン)や仕事やその他でちょっとバタバタしてました。

 

レポートは今週の土曜が提出なのですが、何とか目途はたっていて、あとは土日でプレゼンの準備をし、来週リハーサルをして12日が本番、といったところです。

 

まあ何とかなるだろうと思いつつ、とりあえずここを乗り切って最終フェーズに突入できればと思います。

 

ちなみにFallB,Cあたりは、BPに余裕ができていれば何かしらの授業(面白そうなのがあれば)は取りたいなと思っています。

 

2年間のコースですが1.5年が早経過、残すところあと半年・・。特に今年は授業数が少なく学校に行く頻度も昨年の1/3以下だと思いますが、そのせいかアッと言う間に2年目も半分が終わったしまいました。

 

昨年死にそうになりながら毎日を過ごしたわけですが、その学びは今に活きてますか??と聞かれると・・・、実は結構仕事で活かせているかなと感じています。

 

この辺の話はまた今後。

 

 

 

「管理者」と「経営者」

「東大卒、大手一部上場企業にで新卒入社、40歳で最年少部長昇進、ある外資系取引先との会議、先方社長(欧米人)とnice to meet you、年齢は同じくらい、相手はすでに社長経験3社目、何が違うのか?」

 

こんな話を何年か前に聞いたことがあった。それ以来、「なんでなんだろうなー!?そんなにスペックに差があるんかね~!?」と考えていたわけだが、上司に勧められた本を読んでいたら、長らく自分の中で考えていた本件についての見解が書いてあった。

 

「経営戦略を問いなおす」

 https://www.amazon.co.jp/dp/4480063226

 

本の後半の「人材」という章、書いてある内容をかいつまんでみる。

 

・企業社会ではなんといっても実績がものを言う

・稼ぐ人間が稼げない人間を食べさせるという基本的な構図があるため

・かくして花形事業の総帥や営業・開発実績のある人が管理職の階段を登る

・本当にそれでよいのか?

・実績のある人は経営者の適正に秀でているのか?

・答えはノーに決まっている

・実績と言っても営業や開発など実務における成果

・経営とはまったく別の世界であげた実績が経営者適性を示すバロメーターにはなるとは考えにくい

・そもそも実績は1人ではなく必ず背後には分業体制、黒子が存在する

・先人の努力、追い風・向かい風など、当人の力を正確に反映しているとは言えない

・実績があっても経営者としてはダメという「管理の達人」はいくらでもいる

・一方で、これという実績がなくても経営者として秀逸という人もいる

・実務の世界では経験に裏打ちされた知識の有無が圧倒的にものを言う

・だから年功が重視され、部長ともなると入社して20年は無いと苦しい

・ところが日本ではやっと部長という年齢で社長の座に就く人が欧米にはいる

・何が違うと言うのか?

 

↑↑ここ、僕の長年の疑問。そう、いや本当に何が違うんだ??

ちなみにここでは「若いベンチャー創業者」の話はしていません。

 

・日本では「管理」をマスターして「経営」という発想が根付いているがこれが違う

・管理と経営は別物、管理の上に経営が来るということはない

・守る経営と攻める経営では機能が違うので管理をマスターしても経営をできる保証はないし管理をマスターしなくても経営はできる

・双方敬意を持つのは大事だが経営をする前に管理を経験する必要はない

・実務は知識でするが、経営は違う

・知識の本質は過去の経験、経営は不確定な未来に向かって作用する、広い教養は役に立つが実務の知識は必ずしも必要ない

・経営に必要なのは事業観

 

あー、そういうことか。

 

つまり「経営」と「管理」は別物。経営をするにあたって必ずしも「実績」は必要ではないし、必ずしも「管理の達人」である必要はない、と、この著者は言っている。じゃあ何で欧米には日本と比較して、若い「経営者」が多く誕生しているのか?もうこれは「経営者にするための専門教育を施しているから」なんだろうなと思う。本の最後の章でこのあたりへの提言がされているが、それは長くなるのでまた次回。

 

実際、日本でもスタートアップのベンチャー企業創業者が20代ということ自体はそこまでめずらしく無い。がしかし、じゃあ彼らが「何かの領域の専門家・達人」かと言うとおそらくそれはないであろう。いや、そりゃそうだよね、25歳で起業して「ファイナンスの達人です!」と言ったって、ファイナンス一筋30年のコンサルタントにはフツーに考えて勝てるわけないですよね(センスの問題はあると思いますが)。なので、創業者はもちろん自身が全方位的に勉強をするのは当たり前として、会社の規模が大きくなるにつれ、経理、財務、購買、人事、開発、と「その道のプロ」を雇っていくのだと思います。

 

今MBAに通っているわけですが、そもそもMBAは「ビジネスを全方位的に学ぶ場」であるわけで、そういう意味で「経営」を学んでいるわけです、管理では無くて。

 

卒業後、この2年間の学びをどう活かしていくか?ということを考えた時に、この本の内容はなかなかに示唆に富み、考えさせるものでした。

 

別に現時点で社長になりたい!ということではないのですが、入学以降「経営」というものへの興味・関心が強くなっているのは間違いないな~、と感じるわけで。

 

なかなか面白い本でしたので、興味のある方は是非。